鋸 鎌 包丁研ぎ器
改スーパー研磨 実演ムービー

製品ラインナップ

竹内式剪定鋸について 会社案内 職人の技あり日本

切れ味鮮烈 握力の弱い御婦人でも太い生木がスパスパ切れる

変形窓鋸ののこぎり刃変形窓鋸ののこぎり刃斜めに透かして見た時の刃の形状です。これが切れ味の秘密です。
普通の鋸は斜めにして見ても隙間は一切、現れません。

従来の厚い鋸刃と手前の厚い裏刃との間には隙間はできません。それに反して薄く削った刃の間は大きな隙間ができます。鋸刃の間にびっしりオガクズが挟まるとなかなか取れません。薄く削った鋸刃にはオガクズが付きません。これが爽やかな切れ味を約束する鋸刃なのです。
しかし、鋸の材質が普通でしたら刃先が薄いため柔らかければ曲がり硬ければ刃先が欠けます。
この鋸は鋼の材質に気をつかいます。

切れ味万能、鋸刃が木に抵抗なく入っていく驚き。変形窓鋸
それでは当社がなぜ窓鋸にこだわるのかお知らせ致しましょう。
テレビなどで2人引の鋸で丸太切り競争を見た事があるでしょう。大汗をかきながら、太い丸太を1本切り終わるとふらふらです。アメリカの丸太切り競技会で、同じく2人引の鋸で切るのは日本の丸太切り競技会とは違い、断トツの早さです。どうしてこんなに早く切れるのか、鋸刃が違うのです。鋸刃の所々に櫛の歯を欠いたように窓となっています。オガクズが鋸刃に溜まらないため、切れ味が良いのです。

日本も昭和30年頃、山鋸は急速に窓鋸に変わりましたが、窓鋸の時代も20年とは続きませんでした。チェーンソーの出現です。
当社の鋸は一見窓鋸とは見えませんが、明るい方に向かい目の高さにして約5度から10度位、少し斜めに透かしてみると、刃と刃の間が透けて見える変形窓鋸なのです。オガクズが付きにくい新しく発明された、切れ味の満足出来る鋸です。

ハイレグ曲線包丁研ぎ器

刃研ぎは30秒 研ぎ器の掃除は1分
 どうして竹内式の包丁研ぎ器は17万個売れても1個の返品、クレームがないのか。

ハイレグ曲線包丁研ぎ器ハイレグ曲線包丁研ぎ器はこちら  皆さんNHKの番組でためしてガッテンと言う番組があります。以前番組でよく切れる包丁の刃先を電子顕微鏡で見たら包丁の刃先が微少の鋸刃状となっているのが分かりました。砥石で研いだ包丁が全部このようになるとは限りません。練達した職人さんが良い砥石を使い理想的な研ぎ方をして初めてなるのですが、竹内式の包丁研ぎ器はどなたでも2、3度こすればこのような刃の形状になり上手、下手の差がなく、しかも1分で研ぎが終わり、切れない包丁で悩む事もなく、すぐに切れるようになるのです。

・この包丁研ぎ器は片刃包丁、両刃包丁と研ぎ分けできると言う
 利点があります。
・この包丁研ぎ器に水は一切使いません。
・この包丁研ぎ器は鉄に鋼を付けた包丁、ステンレス包丁、
 チタン包丁、セラミック包丁いずれも良く研げます。

ハイレグ曲線の説明
 料亭の板前さんの研ぐ包丁と同等の切れ味を瞬時に再現する。その考えがハイレグ曲線砥石の考案に列達したのです。板前さんの研ぐ包丁の刃の延長線上にえぐる様な切れ刃を形成する。これが目的だったのです。

多目的熱交換器 登録第3180328号

 常温では効果は発揮しません。冷たくした器具は直ちに人の体温を吸い取ります。そのため額に当てますと頭の中が冷たく感じます。
中の凹は急速に冷やすためと中に溜まった熱を急速に放散させるために付けた物です。
人間は38度近い熱が出ますと病人です。頭がぼうーとしてふらふらです。熱交換器は熱を吸い取るように下げる事です。吸収した熱を1分で放散、冷却を繰り返し人体にダメージを与えないで熱を下げようとするものです。
男性の陰菌の痒みに悩む方。痒い所を両方からはさみ、股で締め付け急速に痒みを止める。熱中症にも効果があります。冷たくした器具を額に当てると同時に顔や首を万遍なく撫でることで急速に熱を下げます。
1箱2個入り 3,800円

新着情報

2014/01/15
植木屋さんへ
植木屋さんへ

いつも当社の製品をお使いいただきありがとうございます。近々消費税が上がり、そ....

2014/01/14
当選番号の発表です
弊社商品をご愛用いただき厚く御礼申し上げます。
弊社から直接、度々包丁研ぎ器を買っていただいたお客様に抽選....


2013/11/14
雨樋カバーの発表と剪定鋸50セット限定販売
< 雨水より入れない雨樋カバー 一式 >
16年の歳月を越え完成した雨樋カバー。16年前、100坪の自宅兼....

2013/04/10
変形窓鋸
 世界中には色々な競技大会がある。その国独自の大会が発展してオリンピック種目となったものもあります。柔道、テコンドーなど....

竹内式剪定鋸について

竹内式剪定鋸について

当社の鋸と他社の鋸を比べて見ると良くわかります。当社の鋸は根元から刃先にかけて薄く削ってあります。この為に刃先が鋭利となり良く切れるのです。他社の鋸も一見、鋭利に見えますが砥石角度が大きく、刃先の細い部分が少し磨耗しますと切れ味が悪くなってしまいます。その反面、当社の鋸の刃先は大きいのですが薄いため、切れ味が持続します。

ページの先頭へ戻る

HOMEお知らせ会社案内竹内式剪定鋸について職人の技あり日本Q&A集お客様の声リンク特定商取引法プライバシーポリシーお問合せショッピングカートご利用案内・通販の流れ