改スーパー研磨 実演ムービー

製品ラインナップ

竹内式剪定鋸について 会社案内 職人の技あり日本 佐川急便 e-コレクト®(代金引換サービス)

お知らせ

新年売り出し

2016/01/07

新年おめでとうございます。
昨年5月、台湾の鋸メーカーが私の所にこられました。工員が200名の工場を持ち、ベトナムにも200名の工場を持っていると話されました。
開口一番、もはや中国・台湾は鋸については日本に学ぶ所はないと言われましたが、唯一竹内の鋸の切れ味には真似が出来ないと言われました。自分達と手をむすんで世界に乗り出して貰いたいとの話でした。
三条は兵庫県三木市と並び、日本の鋸を二分するほどの勢いでした。当時三条鋸振興会は200社を超すメーカーが集い、三条工業会よりも組織が大きかったのですが、高級品は私一人となりました。三条は分業で大きくなったのです。時代の変化と脆い体質があっと言う間に壊滅したのです。
精密な機械の自研メーカーを紹介され、私の鋸も生き返りました。鋸のヒズミ取も今までの3分の1です。仕上りの見栄も良く、最高品神業貴婦人はどこに出しても自慢の鋸です。世界に冠たる竹内の鋸、今が一番切れ味が良いと思います。

-正月の売出しとして-
神業貴婦人 270㎜  
  〃   240㎜  
切れ味世界一 270㎜  
  〃    240㎜  
名刀 210㎜  

すべて木柄でそれぞれ1丁づつ、セットの合計5丁で一万円です。中に1丁一万円の鋸も入っています。
消費税と送料は別途頂戴いたします。
この商品はショッピングカートにありませんので、ご注文はメール・FAX・お電話でお願いいたします。


2月は替刃式の売出しを致します。
切れると言うのはこのような鋸の事を言うのです。鋸は冬の寒さには弱いものです。切る木も冷たくなっています。鋸は最初は温めて使いましょう。鋸は寒さに縮みます。少しの無理で折れるのです。
一年間丁寧に使いますと、今後は折ろうと思っても折れるものではありません。使い始めは鋸の組織も動いていますが、一年使いますとなじんできます。
私の鋸の目立てをと言われて見ますと、刃先はすり減って丸くなり、よくもまあこんなになるまで使っていたのかと話を聞きますと10年以上使っているとの事。ものすごく切れる鋸だから捨てられないと言うのです。10年も使ってもらってはメーカーとしては成り立ちません。一年に一度位で買って貰いたいと思うのは無理でしょうかねー。

竹内 英治

ページの先頭へ戻る

HOMEお知らせ会社案内竹内式剪定鋸について職人の技あり日本Q&A集お客様の声リンク特定商取引法プライバシーポリシーお問合せショッピングカートご利用案内・通販の流れ